FL-UX_Realtime Analytics by. RUN.EDGE Limited.
「鳥の眼」で観るUEFAチャンピオンズリーグ〜【攻撃的フットボール】テンハーグ・アヤックスのワンポイント分析(後編)〜
見出し画像

「鳥の眼」で観るUEFAチャンピオンズリーグ〜【攻撃的フットボール】テンハーグ・アヤックスのワンポイント分析(後編)〜

FL-UX_Realtime Analytics by. RUN.EDGE Limited.

こんにちは!

今回も、とんとんさんによる『「鳥の眼」で観るUEFAチャンピオンズリーグ』、アヤックスのワンポイント戦術分析をお送りします。
まだ前編を読まれていない方はぜひ前編からチェックしてみてください。

=====================================

◆左サイド攻撃

左サイドで攻撃の起点となるのはSBのブリント、変化をつけるのがフラーフェンベルフだ。ブリントもマズラウィほどの頻度ではないが内側にポジションをとってCBからのボールを受けるケースもある。相手の守備陣形が5-2-3で、CBからのパスコースをWGに切られている場合等だ。ブリントだけでなくどのポジションの選手も持ち合わせる特徴として、相手の死角に入ってからの動き出しが抜群に上手い。ブリントの場合、敵WGがブリントの位置を確認するため後方に首を振り終わった段階で改めてポジションを外から内に移す。こういったプレーをどの選手も当然のようにこなすのはアヤックスの特徴のひとつといえる。

こういったケースもあるものの、多くの場合ブリントは外で起点となる。そして、彼が高い位置をとることはほとんど無い。低い位置でのパスの配球が彼のタスクとなるため、IHのフラーフェンベルフが高い位置をとることが可能となる。

ちなみにフラーフェンベルフが降りるのは、アンカーのアルバレスがCB間に降りた時だけだ。アルバレスはワンタッチパスを得意としており、シンプルにショートパスを捌くタイプである。CB陣は彼に当てることで動き直しを行う時間とスペースを作ることができるため、アルバレスは基本的に定位置に留まりCBを楽にする役割をこなす。しかし相手が2トップ+トップ下ではめ込みにくる場合、それを外すにために一時的に3バックを形成する。不必要にCB間に降りる判断を下すことが少ないプレイヤーだ。

話を左サイド攻撃に戻す。高い位置をとるフラーフェンベルフとWGのタディッチはボールを持つブリントに対して多彩なボールの受け方を見せる。ポイントはバックパスと内側への展開の考慮、そしてサイドのスペースを逃げ場として持ち合わせることで「やり直し」が可能となるため、全ての受け方が効果的なものとなっている点だ。どれがベストという話ではなく、すべてが機能している。上手くいかなければやり直し、繰り返す。便宜上、ピッチを25に区分けして説明する。

★A.ブリント⑧、フラーフェンベルフ③、タディッチ②

外を切る敵WGに対し、ブリントが中に絞ったパターン。逆にフラーフェンベルフがサイドに流れることでマークを外しつつ空いたスペースを活用できる。この時、タディッチも張ったままでいることで敵WBの前進を防いでいる。

★B.ブリント③、フラーフェンベルフ⑥、タディッチ②

ボールを持つブリントに対してフラーフェンベルフとタディッチがそれぞれ別レーンに立つことで敵SBにマークの迷いを生み出す。フラーフェンベルフは敵ゴールに完全に背を向けてボールを受け、長いリーチを活かしたターンもしくはバックパスで攻撃を展開する。

★C.ブリント③、フラーフェンベルフ⑥、タディッチ⑥→①

タティッチが内から外へと流れることで空くスペースでフラーフェンベルフが受ける形。ブリントは敵DFラインと中盤の間に斜めのボールを送り込む。また彼はCBからボールを受ける際、敵SHにパスコースを消されないギリギリの高さまで位置を上げて受ける。

★D.ブリント③、フラーフェンベルフ②、タディッチ②、ハラー⑥

左サイドの3選手が同レーンに並ぶ形。ブリントが敵SH、タディッチが敵SBとマッチングすることでフラーフェンベルフが浮く形となるため、シンプルにショートパスをつなぐことができる。敵CHがフラーフェンベルフについてくる等、パスコースが空けばブリントから降りてくるCFハラーへと斜めのパスを突き刺す。ハラーはブリントに完全に体を向けてボールを受け、持ち前のポストプレーの上手さでチャンスを選出する。彼の降りて空いたスペースは逆IHのベルハイスが抜け出して利用する。ベルハイスは常に高い位置で、ハラーの周囲でスペースを突く動きに長けており、重要なタスクを担っている。サイド深い位置まで侵入した場合ゴール前最大のターゲットはハラーとなるが、ベルハイスはハラーの後ろでマイナスクロスを虎視眈々と狙う。CFの背後を狙うのは逆IHの役割となり、右から攻撃を作る場合はフラーフェンベルフが抜け出す。

★E.ブリント③、フラーフェンベルフ⑥→①、タディッチ②

敵SBとタディッチがマッチアップする中、内側にいるフラーフェンベルフがその背後に流れる動き。敵CBもしくはCHがついていけばCFのハラーがボールを受けに降りる。ハラーがパス交換に関わる際の動きのほとんどがこの動きとなる。

★F.ブリント④、フラーフェンベルフ③、タディッチ⑥

WGのタディッチが内側に絞っているパターン。彼は基本的にCBの背後もしくはSB裏に流れる動きを見せる。フラーフェンベルフがサイドに流れることで相手にリアクションを強い、スペースと綻びを見出す。

◆その他攻撃戦術
ここまでの動きの中で内から外に抜ける動きは多いものの、前線の選手が外から内に移る動きは少ない。全体で見てもマズラウィとブリントがビルドアップ時に絞る程度である。

つまり、内側が空くということにもつながる。この空いた内側のスペースは、後方の選手がインナーラップするのに利用される。後方の選手の攻め上がりは外を回るのではなく内を回る。それはSBもIHもWGも同様だ。外に流れて起点が作られているため内側を抜けていくのは当然である。

概念的な話になるが中盤の選手による、元居る位置から「降りる」動きが発生すればポジションチェンジは1枚目のように後方の選手は内から外へ、前方の選手は外から内へという流れが生じる。

これがアヤックスの場合、「降りる」ではなく「流れる」動きが多いため、前線の選手は当然内から外へ、そして外にスペースの見出せない後方の選手は外から内へという流れが生み出される。この違いも面白いところであり、アヤックスの厚みのある攻撃の一要因となっている。

丁寧にパスをつないでいくアヤックスであるが、後方が厳しければ当然ロングボールも選択肢に入る。ターゲットはもちろんCFのハラーだ。彼の周辺には高い位置をとるIHがセカンドボールを拾うために構えている。フラーフェンベルフは190cmと長身でフィジカルが強く、ベルハイスも182cmと十分な体格を備えており、前進の手段となっている。

おわりに

今季のアヤックスも非常に攻撃的で魅力的なサッカーを展開している。CLベスト4に輝いた当時と比べても見劣りしない部分ばかりだ。

ただ、当時に比べると被カウンターの部分に脆さを見せている。SBが攻撃における立ち位置を一変させたことで、カウンターの際の後方人数が減っている。これはアヤックスのようなサッカーを展開するうえでは非常に大きな問題だ。

ティンバーやマルティネスといった機動力の申し分ない選手が後方に控えているとはいえ、組織的に守れないとなると厳しい相手も存在する。

攻撃を陰らせることなくこの課題をいかに克服もしくは覆い隠すかが今大会での上位進出のカギになる。非常に楽しみなチームだ。

=====================================

とんとんさん、ありがとうございました!

今回はアヤックスの攻撃力という観点で詳細に解説いただきました。明日の試合がますます楽しみになりましたね

とんとんさんのマガジンには、CL決勝出場の他チームの分析も掲載しておりますので、ぜひ見てみてくださいね。


世界中のアナリスト、コーチも使っている映像分析ツールFL-UX(フラックス)の詳細情報はこちら。

簡単な操作で誰でも簡単に始めていただけます。30日間無料トライアル(クレジットカード登録不要)もございますので、ぜひチェックしてみてください。

それではまた!





みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
FL-UX_Realtime Analytics by. RUN.EDGE Limited.
サッカー、バスケなどのスポーツの戦術分析を中心に発信します。 映像分析ツールFL-UX(フラックス)の製品情報は下記サイトから (サッカー)http://fl-ux.run-edge.com (バスケ)https://basketball.fl-ux.run-edge.com/